ダズル、VR体験データを可視化する「AccessiVR」正式リリース 


ダズルは8月7日、VRプロダクトの分析・運用サポートサービス「AccessiVR」(以下、アクセシブル)を正式リリースしました。同社は今年3月に2億円の資金調達を実施し、アクセシブルのクローズドβを開始しています。

アクセシブルは、視点データをはじめとした様々なVR利用データを取得しました。ユーザーのVR体験を可視化することでサービス改善、目的達成をサポートします。

分析可能な項目は下記のとおりです。

・基本KPI:利用人数など、基本項目の取得
・コンテンツ解析:オブジェクトの閲覧数や閲覧時間、360°動画の視聴時間やヒートマップなど
・ユーザー行動解析:3Dコンテンツにおけるユーザーの位置や視線などの行動データ

主要機能として、タイムライン機能、セクションサマリー機能、動画ヒートマップ機能を用意しています。
●タイムライン機能

視線の向きや移動、アクションなどを、VR体験を行った複数ユーザーの動きを同じ時感じ国合わせて同時再生します。ユーザー間の動きの違いを比較できます。任意のユーザーにフォーカスすることも可能です。
●セクションサマリー機能

3DCGコンテンツ内で、ユーザーの位置や特定の行動をした場所といったデータをヒートマップ形式で表示されます。
●動画ヒートマップ機能

動画の再生に合わせて視点情報をヒートマップ表示されます。

また、今後の実装機能として、体験者の性別や年齢、利用場所、居住地域といった属性データ取得機能です。加えて、ウェアラブルデバイスを用いた脈拍数データの取得を行うバイタルデータ取得機能を予定しています。
【利用可能環境】

上記のとおり多種多様な利用環境に対応します。なお、DaydreamとUnreal Engine対応は2018年実装予定です。また、Androidについて8月時点では、ARMv7対応のCPUを搭載した端末のみの対応となります。
【料金プラン】

プラットフォームプランと実店舗プランを用意しました。オプションとして、利用ユーザーのデータを整理し、考察を加えて納品するレポーティングサービスもあります。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。