エニグマ、SEIYAが遊べる! 仙台に「SEVEN SENSES VR」が7/24開店


河北新報社は7月24日、地元である宮城県仙台市のアリオ仙台泉の2階にVRアミューズメント施設の「SEVEN SENSES VR」を期間限定でオープンします。施設面積は約100坪(約330平方メートル)で、コンテンツとして剣や魔法で敵と戦うVRアクションゲーム「CIRCLE of SAVIORS」や、VRリズムゲーム「SEIYA」などを用意しました。

施設紹介のプロモーションビデオです。

主なVRコンテンツ
同施設のVRコンテンツは国内外で人気を集める豪華なラインアップとなっています。いずれのコンテンツも積極的に改良が行われているため、当日稼働するのがどのバージョンになるかは不明だが、最新情報も補足しながら紹介していきます。

◆「CIRCLE of SAVIORS」
コントローラーを剣として振り回し、迫り来る敵をバッタバッタと倒していくVRアクションゲームです。魔法の発動もでき、さながら魔法剣士のような爽快感あふれるゲーム性が魅力です。

なお、従来は1人プレーだったところ、E3 2017では、HMDをかぶらずにボウガンを打てる後衛との2人プレーにパワーアップしたデモも行い、VR女子高生のスーパー剣劇も披露していました。

◆「RAW DATA」
ロサンゼルスのスタジオ Surviosが開発したVRガンシューティングゲームです。アーケードスタイルで、内容は23世紀のネオ新宿を舞台にロボット軍団と戦うというものです。

本作はSteamのダウンロードランキングで総合1位を獲得した話題作で、9月にはPlayStation VR版の発売も予定です。SteamVR Homeのコレクショングッズ第二弾として早くも同コンテンツのグッズも実装しています。

◆「エニグマスフィア」
各ステージに仕掛けられた謎を解き、さまざまな場所に隠された「球体(スフィア)」を見つけて、ハンマーなど武器を使い破壊する、VR脱出ゲームをモチーフとしたアクションパズルゲームです。開発はよむネコです。2人同時プレーにも対応しています。

同作は3月、Steamにて拡張版を発売します。スコアアタックとタイムアタックに挑戦できる「チャレンジモード」、3分の制限時間内でスコアを競う「スフィアアタックモード」を追加しています。

◆「SEIYA」
ワンドブイ開発のVRリズムゲームです。ライブステージのような場所を舞台に、曲に合わせて飛んでくる星や歌詞を、リズムに合わせて手に持ったコントローラーでキャッチします。タイミングよくキャッチできると歌や楽器の音が鳴ります。いわゆる音ゲーのノーツがプレイしている曲の歌詞になっています。

そのため当然ながら、歌詞を取り損ねた部分の歌は流れません。これは音声ファイルでノーツにする部分を1カ所ずつ手作業で切り取るという根性で実現しています。ちなみに歌詞は、商業シーンでは定番であるあのモリサワフォントです。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。