VRでパイロットの飛行演習を実行!


模擬訓練は、長い間パイロットの育成に役立ってきました。空軍の操縦士だけではなく、事業用操縦士を対象に、安全な環境で様々な飛行技術を身につけることができるようになりました。ただし、従来のシミュレーターはとても高価なものであるため、パイロット養成学校はVRを代替品をして使うことが増えています。

オーストラリアにある、パイロット養成学校GoFly Aviationは、Light Studios社と提携し、スマートフォンとモバイルヘッドセットのみを用いて飛行技術を基本を学べるVR体験を開発しました。

最初に実施されたVR体験は、操縦士資格コースのみでしたが、ある程度の成果を見出した場合、他のVRコースを導入される予定です。

なお、VRコースは2つの4Kカメラと180度球状レンズを使い、コクピットの中で模擬訓練を行います。VRの映像はVRのヘッドセットだけではなく、タブレットやスマートフォンなどで確認できます。

VRの模擬訓練は、実際の飛行訓練との差はありますが、学生達の学習には大きな助けになるでしょう。

原文:vrfocus https://www.vrfocus.com/2017/07/virtual-reality-helps-aspiring-pilots-learn-to-fly/
Virtual Reality Helps Aspiring Pilots Learn To Fly

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。