ニューヨーク市、AR・VR産業の中心を目指す!


AR(拡張現実)とVR(仮想現実)産業の成長に連れ、就業機会も増加の傾向にあります。VR・AR技術関連の企業も続々に増え、業界も増々賑やかに成りつつあります。

米国、ニューヨーク州の市長は、中流階級の市民に職位を10000個以上提供する計画を公開しました。計画の内容は、ブルックリン海軍工廠にて設置される予定のVR/ARラボについて言及しています。

同計画は、ニューヨーク経済発展法人、およびメディア&エンターテインメントの市長室から総額600万ドルの資金を受けました。ニューヨーク市長、ビル・デブラシオは、記者会見にて以下のように語りました。

「ARとVRは新たな大産業を象徴するものであり、ニューヨークシティーを誰もの劣らないようにしたいと思います。」「ニューヨークシティーをAR・VR産業において世界の中心とする存在にするため、我々は空間、才能、および調査に投資をしようと思います。」

VR/ARラボは、将来10年間に生命科学的、技術的、創造的、製造的産業において就業機会を作る予定です。同ラボは、ブルックリン海軍工廠にて設立され、15000平方フィートほどの大きさとなります。

原文:vrfocus  https://uploadvr.com/new-york-city-lab-ar-vr/
New York City Mayor Wants To Be The “Global Hub” For VR/AR With Newly Funded Lab

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。