スーパーマリオブラザーズをHoloLensで再現!


HoloLensの開発者、Abhishek Singhは、スーパーマリオブラザーズをリクリエイトし、Microsoft社のHoloLensのヘッドセットでプレイ可能にしました。

同ゲームは、AR技術を用いて再現され、ニンテンドーエンターテインメントシステムの仕様に近いとのことです。プレイ時に、キノコ族を踏む潰したり、穴を飛び越えたりするだけではなく、キノコを獲得してパワーアップすることもできます。パワーアップ後は、自分の体が大きくなったように、周りの環境が小さく表示されます。

開発者のAbhishek Singhは、以下のように語りました。
「同ゲームをリアル3Dの設定に合わせると同時に、原作の様々な要素や特色を取り入れました。制作のほとんどの時間は、同ゲームを室外環境に適合させることです。また、同ゲームに少々癖はありますが、プレイに支障はありません。最終バージョンは110mの長さまで至ります。」

HoloLens向けに再現された作品は、スーパーマリオブラザーズだけではありません。開発者、KennyWは、HoloLens向けにパズルゲーム「Portal」を開発しましたが、開発途中のため多くの要素が含まれていない状態です。HoloLensを用いて再現される作品が増えていく中、将来の作品が期待されています。

原文:vrfocuhttps://www.vrfocus.com/2017/06/super-mario-bros-recreated-for-hololens/
Super Mario Bros. Recreated For HoloLens

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。