Bang&OlufsenがVR&ARでコンバージョンを向上させる方法とは?


Bang&Olufsenは、高級オーディオおよびエレクトロニクス製品が自宅にどのようにレイアウトするかを顧客に示す販売ツールとしてiPadアプリ「BeoHome Design」を使用しています。

Bang&Olufsenのグローバル顧客経験マネージャーであるSimon Silva氏は、このアプリを世界中の650店舗に展開した方法を説明しました。

BeoHome Designは、拡張現実(AR)技術でホーム・アワー・セールス・アシスタントがBang&Olufsen製品が顧客の家庭でどのように見えるかを実演できるようにする一方で、バーチャルリアリティ(VR)技術でフロアプランを数分間でマップする事ができます。

Silva氏は、ロンドンで開催されたVR Worldイベントにて、自分が正しいラグジュアリー製品を選択したかどうかを確かめたい顧客にとって、VRとARを用いて意思決定時間を大幅に短縮できると述べました。

また、この販売ツールで製品の移動や組合過程を簡素化にできる事を、Silva氏が説明しました。

オーストリアの会社、ViewARによって開発されたこのアプリは、使用された最初の2日間にBang&Olufsenの販売額に60,000ポンドを創出したとの事です。

Silva氏は、「技術は実店舗の小売業へ新たな力をもたらし、顧客体験を向上させています。ブランドはこれらの新技術を利用して店舗空間の体験を改善するのは非常に重要だと思います」と述べました。

原文:essentialretail http://www.essentialretail.com/news/article/591b0e616d77a-how-bang-olufsen-uses-vr-ar-to-improve-conversion

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。