SkullMapping、ホログラム投影を食卓に活用した最新動画を公開!


レストランでの食事を待っている際に、通常は何をしますか。ベルギーのホログラフィック投影技術のコンテンツ制作チームSkullMappingは、食卓に3Dの可愛い動画をもたらしました。

テーブルの上に現れた小さいシェフが雪ボールを地面に転んだり、水パイプからチョコレートを搾り出したりとユーモアたっぷりな映像となっています。

実際に、テーブルの上にプレート、カップや他の食器以外は何にもありません。全部プロジェクションマッピングでテーブルに映し出されています。

調理過程が必要な時間を計算した上、動画の終わりには、本物のシェフが同じ料理を運んできてくれます。

クリエイティブチームSkullMappingは、「深い芸術的知識を最新のテクノロジーと組み合わせることで、素敵なビジュアルでストーリーを作る」と目標を設定し、建物、広場などでも3Dプロジェクションマッピングショーを行っています。

このチームに制作された最新コンテンツは、こちらからチェックしてください。

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。