VRを使った近未来のショッピング体験を:みずほと富士通が実証実験


みずほフィナンシャルグループと富士通は4月17日、VR技術を活用した購買体験の向上と購買行動に付帯する金融サービスの提供を目的として、「zSpace」端末を用いた実証実験を開始しました。
実証実験で使われる「zSpace」は、米zSpaceが開発する卓上型VRディスプレイ。偏光メガネとスタイラスを使用し、酔いにくく長時間作業が可能だとしています。

両社では、商品の断面などを立体的に確認できるECシステムや、購買に付帯する金融サービス(決済、資産管理など)を体験できるデモコンテンツを製作し、VRを活用したサービスの汎用性について仮説検証を実施するとの事です。

 

コンテンツ製作にあたり、みずほからは金融知見、富士通からは技術的知見を持ち寄ったほか、リアルな購買体験を追求するため、実在する商品の情報提供とECサイトイメージのアドバイザーとして、イセタンサローネメンズが協力しています。
デモコンテンツは、みずほ銀行八重洲口支店FinTechコーナーで4月17日~6月30日まで展示予定となっています。

両社は、実証実験で得たノウハウを踏まえ、事業化に向けた開発や各種業務へ横展開する取り組みを進める予定で、さらに、VR業界を含めたさまざまな企業との協業や、ほかの先進技術の取り込みも視野に、VR活用の潜在ニーズの掘り起こしと効果的な活用方法の研究を進めるとしています。

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。