カップルに向けたIoTの新しい機器「ARCandle」が発売!


QOOQ inc.(クオーク社)は、 主にカップルに向けたIoT機器、ARCandle(エー・アール・キャンドル)を発表しました。2017年3月30日にビッグサイトで開催中の起業家のイベントSLUSHで展示、同日よりクラウドファンディングサイトであるINDIEGOGOで予約を開始します。

ARCandleは、世界でただ一つの「存在感」を伝えるデバイスです。ARCandleは二台で一組でペアとして作られており、その一台の近くでの動きをセンサーでとらえ、インターネットとWifiで接続された、もう一台のキャンドルの炎(LED)を揺らします。炎が揺れることで離れたところにいる、大切な存在を、自然に感じることが出来ます。炎の揺れを細かく制御することは出来ません。伝えられるメッセージはただ一つ「一緒に居る」ということだけです。

【商品名について】
ARキャンドルはIoTの力で「存在感」だけを伝えますが、利用者に自分の大切な存在と一緒に居るように感じられます。その部分からAugumented Reality(拡張現実)のARをとってARCandleと名付けられました。

【商品概要】
材質;ステンレス、霜降りガラス、プラスチック
価格:二台一組で99ドル(早期割引79ドル)
サイズ:高さ210mm、直径70mm
その他 セットアップ用のアプリは無料(iPhone/Android)

d25042-1-509135-11

QOOQ 公式サイト:http://qooq.co.jp
ARCandle公式サイト:http://arcandle.net

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。