水質汚染の影響を見せる教育VRゲーム「Hidden Dangers」とは?


「Hashtag Killer」や「Kenya Bucket List」を含む創造的なキャンペーンで知られている非営利団体Water is Lifeは、新しいゲーム「Hidden Dangers」を通じてVRアクティビズムに参加します。
Water is Lifeは広告代理店Deutsch社、ゲーム開発者Ntropic + TacticとVRスタジオm ss ng p ecesと提携し、教育的なVR体験を実現します。

このプロジェクトの意識と資金を調達するプロセスを文書化した、強力な3分の動画が制作されました(下記から見る事ができます)。
タイで撮影されたこの映画は、カオ・レーム川の近くに住むワンジャイという若い少女が登場します。この川は、ワンジャイと村人にとって生命の源泉であり、より大きな村に彼らをつなぎ、料理、飲み物、清掃などの生活には不可欠な水です。しかし、水の中に潜んでいる隠れた危険(Hidden Dangers)のため、川はしばしば汚れてしまいます。その危険は、ワンジャイと彼女のクラスメートが後でVRゲームで戦うのとまったく同じものです。

ワンジャイとクラスメートはVRの世界に入り、仲間が大画面上でライブ体験を見ながら、ストローのような武器を使用して、ゴミ、汚染物質、化学物質などを多く含む川のモンスターと戦います。

VR体験の後、Water is Lifeのチームは、ゲーム内でモンスターを倒すために使用したストロー兵器の実現実バージョン(水フィルター)を提供しました。

Water is Lifeの創業者兼CEOであるKen Surrite氏はこう述べました。「VRを使用することにより、実際の危険性を可視化できるとわかりました。子供たちは、彼らが見たモンスターを決して忘れることはありませんが、水をきれいにする方法も忘れることはありません。」

Water is Lifeは「Hidden Dangers」キャンペーンが、10ドルで配水できる水フィルターを提供するための資金を調達するのにできるだけ多くの助けを望んでいます。

「Hidden Dangers」のゲームプレイ動画はこちらです。

公式サイト:http://waterislife.com

原文: vrscout http://vrscout.com/news/vr-game-clean-water-educational-tool
This VR Game Doubles As A Clean Water Educational Tool

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。