バンナム、大型エンターテインメント施設「VR ZONE」を新宿にオープン!


バンダイナムコエンターテインメントは、3月7日、VRをはじめとした最先端技術を活用したエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」を2017年夏から期間限定で新宿・歌舞伎町TOKYU MILANO跡地にオープンすると発表しました。

施設規模は約1100坪の見込みで、お台場の「VR ZONE Project i Can」の165.26坪と比べてもかなり大型な施設となります。また施設内には飲食、物販コーナーなども設置する予定です。

尚、体験できるコンテンツの内容は明らかになっていませんが、VR部 ゼネラルマネージャー 柳下邦久氏は、「これまでに得た多くの知見をもとに「Project i Can」のチームがお届けする、進化を遂げた超現実エンターテインメントの数々をここでぜひ、体験してください」とコメントしています。

■「Project i Can」とは

VRをはじめとした最新の技術と体感マシン開発技術を掛け合わせることで、「やりたい!けど実際はムリ」という「夢・好奇心」をホンモノの体験として実現する、VRエンターテインメント開拓プロジェクトです。

同プロジェクトがプロデュースした『VR ZONE Project i Can』(東京・台場/2016年4月15日~2016年10月10日)では、合計9コンテンツものVRアクティビティを展開しています。

常に1カ月先まで予約が埋まるなど、営業開始から終了までの約半年間でおよそ37,000人もの来場者があり、「namcoイオンモール長久手店」内に展開するVR体験コーナー『VR NAGAKUTE By Project i Can』や『GUNDAM SQUARE』(大阪・EXPOCITY)でもアクティビティを試験導入しています。

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。