世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」誕生!


2017年夏、ハウステンボスは、スクウェア・エニックス社開発の下、新たなVR技術を活用した世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」をオープンすることを発表しました。

ハウステンボスでは、2017年3月4日に、新しく17のVRコンテンツがプレオープン(3月18日グランドオープン)し、総数25コンテンツが揃う、まさに日本一のVRテーマパークが誕生します。

バハムートディスコとは!?

中世ヨーロッパの街並みを活かし「日本一広いテーマパーク」として、オンリーワン・ナンバーワンのイベントと、四季折々の花々や世界最新アトラクションを展開しているハウステンボスと、「ファイナルファンタジーシリーズ」をはじめ、ゲーム業界を牽引してきたスクウェア・エニックスによる、まったく新しいエンターテインメントです。

「バハムートディスコ」は“450度”の迫力ある映像空間の中で、光と音にあわせビートを刻んで遊ぶ、体感型音楽アトラクションです。異次元的でダイナミックな空間の変化を体感しながら、多人数での爽快なリズムアクションを楽しむことができます。

【450度の世界初体験を!】
バハムートディスコでは、前後左右360度に、下面90度を加えた5面(450度)の映像空間を体感できます。
プレイヤーは、リズムに乗って流れてくる光のターゲットに合わせて、スティック型コントローラーを振ってプレイします。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)なしで、没入感のあるVR体験が楽しめる、世界初のアトラクションです。

公式サイト:
http://www.huistenbosch.co.jp/event/summer/#bahamut_disco (ハウステンボス)
http://www.jp.square-enix.com/bahamut-disco/ (スクウェア・エニックス)

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。