サムスン、4つの新しいARとVRプロジェクトを発表!


サムスンのC-Labイニシアチブは、真剣に面白いプロジェクトをいくつか作り出しています。
C-Labの取り組みは、2012年に開始されて以来、VRとAR業界を変える技術を開発する作業に熱心に取り組んで来ました。このプログラムは、スタートアップの開発者に貴重なリソースとサポートを提供し、技術主導の起業家の成長するコミュニティに貢献したいと考えています。
同社は、先月ラスベガスで開催されたCESにて、革新的な社内プロジェクトの一部を明らかにしましたが、それ以来何も発表がありませんでした。しかし、来週バルセロナで開催されるモバイルワールドコングレスにて、サムスンが進行中のVRとARプロジェクトの4つを展示する予定です。期待されているそちらの内容をご紹介します。

TraVRer:印象的なコントロールを備えた360度旅行アプリ

360度ビデオプラットフォームは、ユーザーにそれぞれの場所でユニークなサウンドとイベントを提供し、真に本物の体験をもたらします。ユーザーは、ビデオを様々な方向に向けるように指示したり、時刻を変更したり、現在の天気、時間などの特定の情報にアクセスすることもできます。

samsung-c-lab-vr

 

Monitorless:VR&ARの両方のスクリーン共有メガネ

Monitorlessは着用者が別のモニタを必要とせずにスマートフォンやコンピュータを操作できるメガネのプロトタイプセットです。未来的なメガネはWi-Fi経由で端末に接続し、ユーザーの目の前にレンズを通して直接表示されます。
表示されているコンテンツの不透明度を制御するオプションがあり、それがARまたはフルオンVRで見るかどうかも制御できます。
4G / LTEを使用してスマートフォンがヘッドセットやPCを同時にペアリングし、PCゲーム用のタッチパッドコントローラーとして使用することもできます。

 

VuildUs:非常に正確なバーチャルホームデザイン

VuildUsは360度の旋回カメラを使用するホームインテリアと家具のソリューションで、自宅の3Dバーチャルモデルをキャプチャしてレンダリングし、他の仮想家具を置くことを可能にします。
ユーザーは、互換のVRヘッドセットに携帯電話を置き、アプリを使用して様々なオンラインカタログの仮想家具を配置できます。
すべての3Dレンディションは実物大で、空間を計画して飾るときに100%の精度を提供します。VuildUsは、特定のアイテムが指定されたスペースに収まらないときにも通知しますので、物理的に測定する必要はありません。
そしてもちろん、選んだ全てのアイテムはSamsung Pay経由で購入できます。

 

Relúmĭno:視覚障害者のための格安サポート

RelúmĭnoはSamsung Gear VRを使用してビジュアルやテキストを大幅に増幅し、視覚障害者に優れた品質の支援を提供します。 「画像をずらして盲点を再設定し、Amlserグリッドチャートを使用して変態による歪んだ画像を補正する」などの技術を使用します。
samsung-c-lab
詳細情報が発表され次第、SUBETE360でお届け致します。

原文: vrscout http://vrscout.com/news/samsung-ar-vr-projects-c-lab
Samsung Reveals Four New AR & VR In-House Projects

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。