オーストラリア空軍がMicrosoft HoloLensを試験!


オーストラリア軍が「第5世代の戦闘力」に進化するにつれて、オーストラリア空軍とサーブオーストラリア(Saab)はARヘッドセットMicrosoft HoloLensを試験しています。

王立オーストラリア空軍のプレスリリースによると、サーブとオーストラリアの防衛科学技術グループは2016年10月に50人の軍人にMicrosoft HoloLensを紹介し、ヘッドセットが戦略、脅威管理およびトレーニングを支援する為に拡張現実感の視覚化(Augmented Reality Visualisation、ARV)を提供すること説き示しました。

オーストラリア空軍チーフLeo Davies氏は、軍事通信、視覚化とトレーニングがARの技術によって「大きく影響を受ける」と述べました。
「AR技術は進化しています。このデモンストレーションは、ARVが将来の防衛応用(計画や訓練のいずれかのため)にどのように適応され、使用されるかに関する認識と関心を高めることを目的としています。」

プレスリリースで、サーブの複合現実(MR)アプリケーションプログラムリーダー、Inger Lawes氏はこう述べました。「トレーニング環境では、ARを通じて現実世界がデジタル画像と情報をホログラムの形式で重ねることができ、トレーナーと研修生の両方が視覚的に豊かなインタラクティブな体験を共有することを可能になります。

軍事科学者のKevin McDonald氏は、HoloLensのAR技術が、オーストラリアの兵士が脅威に対応するのをよりうまく助けることができると述べました。

saab2

HoloLensの採用は「Plan Jericho」として知られているより大きな計画の一部で、オーストラリアの軍隊を技術的に「第5世代の戦闘部隊」に変えることを目指すそうです。

プレスリリースで、ディレクターPete Mitchell氏は「ARVは急速に成長している技術で、単にいくつかの可能性をあげるには、医学、研究、化学、訓練、教育、遠隔産業など、多岐に渡る分野の、可能性のある応用です。」と述べました。

空軍の外で、オーストラリア軍は、ARC4というARヘッドセットの試用を含む、ARとVRの応用を検討しています。

しかし、オーストラリアはHoloLensに興味を持つ軍隊を持つ唯一の国ではありません。例えば、ウクライナ軍も戦闘のためにヘッドセットをテストしているそうです。中国人民解放軍もVR技術を空挺部隊の訓練に適用しています(詳細はこちら)。

 

2016年3月にMicrosoft社は、自分のARヘッドセットの企業レベルの応用を開発している会社のリストにサーブを追加しました。昨年、サーブオーストラリアのマネージングディレクターDean Rosenfield氏は、同社はヘッドセットの軍事用途を模索していたと述べました。

サーブオーストラリアのプレスリリースによると、Rosenfield氏はこう述べています。
「弊社のトレーニングとシミュレーションチームは、Microsoft Hololensの大きな可能性を見ています。私たちは既にトレーニング、シミュレーションや教育の分野で様々な民生用と軍事用の応用に取り組んでいます。」

サーブオーストラリアのHoloLens応用スタジオでは、ヘッドセットがどのように健康や、緊急サービスやインフラストラクチャを変えられるかを調査しています。

詳細情報が発表され次第、SUBETE360でお届けいたします。

 

原文: vrscout http://vrscout.com/news/the-australian-air-force-is-now-testing-the-microsoft-hololens
The Australian Air Force Is Now Testing the Microsoft HoloLens
Image Credit: Australian Royal Air Force / Saab Australia

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。