VRで免許取得を簡単化!中国の自動車学校、VR教習を導入!


中国の交通管理局の統計データによると、中国では運転免許を取った人数が3.2億人に達しており、2020年までに4.7億人までに至ると予測されています。つまり、これから3年間の間に、自動車学校に通って免許教習課程を受ける人が1.5億人という事になります。

この現象が自動車学校へ多くの利益をもたらす一方、教習用車が足りなくなる為、学生1人あたりの教習時間が短くなり、よって免許試験の合格率が低くなるという結果が出ました。

これらの問題を解決する為、中国の広州にあるVRコンテンツを開発するスタートアップ企業「Dream VR」社が、OculusのVRヘッドセットを装着する運転シミュレータを発表しました。この製品はシミュレーション・ハンドルや動けるシャーシ付き、免許試験場を1:1の比例でVRシーンに作成されており、ユーザーへ高い没入感のリアルVR運転体験をもたらすとのことです。

2

さらに、Dream VR社が独自のクラッチストロークシグナル収集・分析システムに基づいて、精確に発進、駐車、クランク、S字、方向変換などの運転行動をする際に、自動車のエンジンやブレーキの状態をリアルに模擬することを実現しました。

1

原文:VR日報 http://www.vrrb.cn/kuaixun/37230.html
VR学车黑科技:让天下没有难考的驾照!

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。