博物館でARを使用して学べる!GoogleのARプラットフォーム「Tango」の新応用


「Tango」は、様々な種類のアプリケーションや目的に合わせて使いやすい、GoogleのARプラットフォームです。
より有益な規律のアイデアをもって、博物館やモバイルの展示品に関して、AR技術は物理的なスペースが許すよりも多くの情報を表示し、またはある種のアニメーションで新しいレイヤーを追加することができます。

現在、Googleは世界中の博物館と提携し、Tangoの技術で古代オブジェクトの拡張版をオーバーレイし、人工物を生き生きとさせ、見学をよりダイナミックにします。
ユーザーがTango対応モバイルデバイスを使用するか、博物館でリクエストされたものを使用することを可能にします。

tango-museums-mummies

例えば、風化した石灰岩のレリーフで修復されたペイントと、イシュタル門から長い間失われたアーキテクチャをデジタルに置き換えて見ることができます。

また、博物館のアプリケーションにはクイズやゲームが含まれているそうです。現在の既知のパートナーは、デトロイト美術館で、詳細情報が発表され次第、SUBETE360でお届け予定です!

 

原文: uploadvr http://uploadvr.com/google-museums-exhibit-tango-ar
Google Is Using Tango In Museums To Add An Extra AR Layer to Exhibits

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。