日本初「VR望遠鏡」登場!VR望遠鏡とは?


アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井陽介 以下、アララ)は、VR望遠鏡を開発しましたことを発表しました。

このVR望遠鏡システムを、丹波篠山デカンショ館へ設置されており、篠山市は、来訪者に対する丹波篠山の魅力を伝える手段として、最新のVR望遠鏡を採用したとのことです。

アララ社は「VR望遠鏡」の総合企画、アプリ開発を担当していて、望遠鏡の躯体製作については、「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」の中核を担う株式会社マテリアルが担っています。

VR望遠鏡とは?
VR望遠鏡とは、VR望遠鏡をのぞくと360度カメラで撮影したダイナミックな映像が広がり、VRならではの没入感、臨場感を体験ができるものです。
今回の場合は、四季折々に変化する丹波篠山の自然美に加え、デカンショ祭の様子、またドローンを用いて空撮された普段は見ることができない上空からの景色や紅葉も楽しむことができます。
■VR望遠鏡の特長
 1ヘッドマウントディスプレイのような機材の装着が不要  
 2オペレーター不要
 3】コンテンツの差替えが容易■VR望遠鏡イメージ

d4318-125-200401-1 d4318-125-220843-0

アララ社は、今後もVR望遠鏡が丹波篠山をはじめ全国各地の観光施設、高層ビルの展望台等で、その地の魅力を伝えるツールとしてVR望遠鏡を提供していくと述べました。

日々発展しているVR技術により、これからは観光名所でも気軽にVRを楽しめそうです。
・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。