中国の網易社が参加? VR企業AxonVR社、580万ドルの資金調達が完了


「リアルな触覚」の実現を目指す新興VR企業AxonVR社は、580万米ドルの資金調達が完了したと発表しました。今回の投資グラウンドはDawn Patrol Ventures社、中国のポータルサイト網易(もうい)社をはじめ、他の投資者に、Twitterの元CEO Dick Costolo氏、The Virtual Reality Company社、Keeler Investment Group社、Digital Kitchenの創業者Paul Matthaeus氏、ディズニーに属しているWalt Disney Imagineeringの取締役副会長Jon Snoddy氏などが含まれています。

AxonVR社は2012年にシアトルで設立され、創設者はBob Crockett氏及び現在のCEOであるJake Rubin氏です。AxonVR社はユーザーに、VR環境で仮想物体の大きさ、形状、重量、温度や質感を感じさせる「HaptX」技術の開発に努めています。「触覚テキスタイル」とVRのハードウェアと組み合わせることで、一層深い没入感を得ることができるといいます。

3

例えば、VR環境でこの鹿の蹄、腹や心臓などを「感じる」ことができます。

また、この新興企業は「HaptX Skeleton」という軽量の外骨格も開発しています。

AxonVR社は、今後「HaptX」技術でテーマパーク、博物館、多目的ゲームルーム、及び、他のエンターテイメント施設に完全に新しい次元を追加します。例えば、プレイヤーは自分の好きな映画やゲームのコンテンツに入り、VR世界の中を走ったり飛んだりすることはもちろん、自分の好きなキャラクターに触れたりすることもできるようになるかもしれません。

2

 

原文:87870 http://news.87870.com/xinwennr-17018.html
VR触觉公司AxonVR获网易领投的580万美元种子轮融资
・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。