HUAWEI iLab、ソーシャルVRに関する研究成果を発表


中国ファーウェイ社に属しており、ユーザー・エクスペリエンスの観点からネットワークの利便性を研究するデータ分析部門Huawei iLabは、ソーシャルVRに関する研究結果を発表しました。

iLabによると、ソーシャルVRはマルチアプリケーション・シナリオの下でVR技術をコミュニケーション方式に応用することにより、新たなコミュニケーション・プラットフォームが形成されるVR概念だといいます。iLabは主に、現在及び将来のソーシャルVRアプリケーションを発展するための中核要素、即ち技術、ユーザー体験、通信環境、通信データ量及び他の要素などを体系的に分析しました。

5

iLab社のソーシャルVRに関する主な観点を見てみましょう!

  1. ソーシャルVRはマルチアプリケーション・シナリオのVR概念であり、次世代通信プラットフォームです。
  2. ソーシャルVRの進化は、AvatarとShareという2つのコア要素を取り巻き進化する過程です。
  3. Avatarの継続的な進化はユーザーへより強いソーシャル存在感をもたらします。また、高没入感はネットワーク回線容量へより高い要件を求めています。
  4. 単にステータスの共有から環境の共有へ、そして経験の共有への進化は、ユーザーグループの間に共有情報量の増加を反映しています。
  5. 現在、代表的なVRソーシャルアプリの必要のデータ量は、伝統的なソーシャルアプリのほぼ100倍に近づいています。これは将来のネットワークにとって巨大な挑戦だと考えられます。
  6. VR産業の発展現状に基づいて、8Kまたはそれ以上の高解像度、単眼2Kディスプレイ技術、空間オーディオ、Avatarおよび360ビデオリアルシーンとの統合などは、今後のソーシャルVR製品が満たさなければならない必須機能だと思われます。

 

原文:Yivian https://yivian.com/news/24301.html
华为iLab发布社交VR网络承载研究成果

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。