マイクロソフト: 300ドルのVRヘッドセットのスペックを発表!


10月の次期Windows 10アップデートイベントにて、マイクロソフト社が最新VRヘッドマウントディスプレイを発表しました。12月に発表する予定だと述べていたHMDに関する詳細が昨日公開されました。

Lenovo社がその300ドルのヘッドセットを制作する予定です。レッドウッド・グループがWindows Holographicを本当に実行可能で競争力のあるVRプラットフォームに変える企画の一部になります。
最新ヘッドセットの発売前に、マイクロソフト社がWindows Holographicのための始発アプリをリリースしました。アプリは様々なことができますが、最も重要なのは、新しいヘッドセットを実行する為の最小のハードウェア仕様を明らかにすることです。

スペックは以下の通りです。
- 4GBのRAM以上
- USB 3.0
- DirectX 12対応を可能にするグラフィックスカード
- CPU 4コア(ハイパースレッディング付きのデュアルコアプロセッサを含む)
この仕様は高すぎませんので、PCを既に持っているユーザーが新しいPCを買うべきではなく、ハードウェアのアップグレードも必要なさそうです。そして、Oculus RiftとHTC Viveと比べ、著しいものとなっています。両方デバイスは複数のUSBポートと高性能なグラフィックカードが必要とされています。将来的にマイクロソフト社がVR業界にどんな影響を与えるでしょうか。

詳細情報が発表され次第、Subete360でお届け予定です!

 

原文: uploadvr http://uploadvr.com/microsoft-vr-minimum-spec
Microsoft Announces The Minimum Specifications For Its Upcoming $300 VR Headsets

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。