韓国のゲームショー「G-star2016」に出展したVRゲームはどんな感じ?


2016年11月17日から20日にかけて韓国で開催された大規模のゲームショーGstar2016にSUBETE360も参加してまいりました。本記事では、韓国のVR業界情報をお届けします。

まずは馴染みあるPSVRコーナーからご紹介します。

<PSVRゾーン>

IMG_1319

⬆️PSVRゾーンで試演できたゲームはご覧の通り。

PSVRゾーンでは合計11本のタイトルが体験できました。基本的に整理券は2時間ごとに区切り配っていて、体験したいタイトルと時間を指定するシステムでした。人気のタイトルはAの「バイオハザード7 レジデントイービル」と、Bの「バットマン:アーカムVR」、Kの「White Day: Swan Song」でした。

(バイオハザード7に関するSUBETE360の記事はこちら。)

Kの「White Day: Swan Song」は2000年代韓国で人気を博したPC用ホラーゲームですが、2015年にスマートフォンバージョンをリリースし、今回はさらにVRでリメイクされていました。有名なゲームなだけに、みんなPSVRの体験というよりは、White Dayを体験するために並んでいる雰囲気でした。

IMG_1312

IMG_1317

タイトルによってはまだ公開されていないゲームもあるので、情報漏れ防止対策で布がかかっていました。White Dayもまさにそうで、体験プレイをしない限り、どんな内容かは周りの人には全くわからないのです。ちなみにWhite Dayは2017年の3月14日(ホワイトデー)にPC、PS4でリリースされる予定です。

PSVRゾーンの隣にはPS4のブースがありました。IMG_1311
⬆︎18歳以上の人だけ入場できるPS4ブース。韓国の厳しい方策が見られます。

IMG_1395
⬆︎どこかトロンを連想させるような・・・

また、韓国ではまだPS4やPSVRの公式販売は行っておりませんが、Gstar特別イベントとして少量限定で販売していました。

IMG_1330

しかしご覧の通りSOLD OUT………あっという間に売り切れましたね。

<BASEBALL KINGS VR>

IMG_1337

APPNORI社が出展していたVRの野球ゲームBASEBALLKINGS VRです。ホームランを打つその快感がVRで再現できる素晴らしいゲームです。オフィシャルサイトによると野球以外には卓球やカジノもあるそうです。

<DARKEDEN² VR>

IMG_1354IMG_1361

両手に剣を持ってモンスターを倒すゲームです。こちらは面白い動画があったので、動画をご紹介しておきます。

 

 

<GEFORCE VR体験ゾーン>

IMG_1332

こちらは高性能グラフィックカードを生産しているNVIDIA社が作ったVRコンテンツを体験できるスペースです。
ここで体験できるコンテンツNVIDIA® VR FunhouseはSteamでも無料で配信中です。

 

<MORTAL BLiTZ>

IMG_1377

こちらは韓国のSkonec社がPSVR向けに作っているFPSゲームでした。その華麗な動画はこちら。

Mortal BliTZは2014年Oculus Rift向けに公開されたことがあり、今回は新しくPSVR向けに開発されたそうです。

日本のプレイステーションストアに公開されるのが楽しみですね。

<その他VR体験コンテンツ>

その他にもVRで体験できるコンテンツは様々でした。

IMG_1369IMG_1388IMG_1351

VRでスキージャンプもできたり、限りなく前に進めることを可能にしてくれたり。
もはやアトラクション?!と思わせるものもあったり。

さらに、HONGBIN NETWORK社はVirtual IslandというVRテーマパークのオープンを2017年に予定していて、韓国にVRテーマパークができるらしいです。

main_exhibitor09

VRが今現在、全世界のゲーム業界で熱いのは言うまでもない事実ですが、さらに韓国のVRは全体的にVRゲームにプラスαの要素が付随しているのが多い印象でした。韓国のVR業界が今後どういう風に成長するのか、非常に興味深いところです。今後ともSUBETE360は海外のVR業界も素早くお届けしていきますので、ご注目ください。

 

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。