電通ベンチャーズ:スポーツ観戦用VR技術を開発する「LiveLike」に出資


電通ベンチャーズは9月21日、ニューヨークを拠点にスポーツ観戦向けのVRプラットフォームを開発する「LiveLike」に出資したと発表しました。詳しい出資額や出資比率は明らかにされていません。同社は立ち上げ期にはNFLから助成金を受けているほか、これまでに複数の投資家から総額95万ドルの出資を受けています。

LiveLike は2015年、アメリカの有名アクセラレータ・ネットワーク TechStars から輩出されたスタートアップで、今年2月に TechCrunch がスタンフォード大学のビジネススクールと共催したスタートアップ・コンペティション「1st And Future」で、「Bringing Home The Game」部門の優勝の座に輝いた、今大注目されている企業でもあります。

 

LiveLike は放送局向けのVRプラットフォームを開発中で、これは、放送局はVR撮影専用の設備を準備しなくても、既存の映像配信設備の活用で、ライブVR配信することが可能となります。視聴者は、iOS、Android、GearVRに対応したアプリでスポーツの試合をライブVRで視聴可能になるというものです。

今後はスポーツはVRで生試合をみる時代になりそうです。生試合では見られないような角度からの視聴も可能になるかも?!

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。