世界初の4KVRヘッドセット「PIMAX 4K VR」発売開始


世界初の4K画質のVRヘッドセット「PIMAX 4K VR」がネットショッピングサイトGearBestから販売開始されました。中国メーカーPimaxが開発した同ヘッドセットは、Oculus RiftやHTC社のVIVEと同じPC接続型のVRヘッドセットで、現時点ではポジション・トラッキング機能は実装されていませんが、今年12月頃までには専用コントローラーとともに実装すると述べています。

こちらのヘッドセットの解像度は3860 x 2160なので、Oculus RiftおよびVIVEの解像度2160 x 1200を大きく上回ります。価格は$349.99となっており、Oculus Riftの$599、VIVEの1200よりかなりお買い得の値段設定となっています。また、起動できるアプリには専用アプリがあるほかに、SteamVRとOculusのドライバーを認識できるので、SteamあるいはOculus HomeからダウンロードしたOculus対応アプリをプレイすることができます。

 

レンズはブルーライトを遮断し、曇り防止機能付きで、メガネをかけたまま装着できる設計となっています。また、VRヘッドセットと皮膚の接触面は医療用スポンジで作られているため、ソフトな感触でつけ心地にかなりの配慮をしていることがわかります。PIMAX 4K VR基本スペックは以下の通りです。

・スクリーン: 3860 x 2160
・視野角: 110°
・重量: 449g
・音響システム: 5.1 サウンド、3Dオーディオ実装

Pimax公式サイトはこちら
GearBestのPIMAX 4K VRの販売ページはこちら

原文URL:https://virtualrealityreporter.com/pimax-4k-pc-based-vr-headset/

・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。