【SUBETE360/レビュー】人間の神経をたどってシューティング!「InMind VR (Cardboard)」

InMind VR

Free
InMind VR
8.4

グラフィック/サウンド

10/10

    操作/快適さ

    10/10

      面白さ

      10/10

        VR酔い

        5/10

          独自性

          7/10

            良かった点

            • グラフィック/音楽がすごい
            • 操作が簡単
            • 無料でプレイできる

            改善点

            • ゲーム時間が短い
            • 以外は特になし!

            今回ご紹介するゲームはluden.io社が制作、Nival社が配信しているスマートゲーム「InMind VR」です!

            InMind VRは、乗り物に乗って人間の能にある神経(?)のようなところを探検しながら、赤い細胞をシューティングするゲームです。

            このゲームをプレイして一番最初思ったことはずばり、「ディ〇ニーラ〇ドにあるト〇ストーリーのやつやん!」でした。

            操作はとても観点で、ゆっくり動く乗り物に乗りながら、標的を見つめることでモーション機能が作動し、スコアを取ります。

            あれ、やっぱりあれと似ているんじゃ!?いやいやいや、でもそれは薄暗い感じの背景になんだかキラキラしているライトがあって、シューティングするからそう感じるだけ。

            5

            © Nival. All rights reserved. All trademarks and registered trademarks are the property of their respective owners.

            音楽、グラフィック共に優れていて、動きも激しくなく、乗り物はゆっくりと動く方なのでVR酔いもあんまりありませんでした。

            乗り物に身を任せ、神経を探検しているとなんだか癒される気分・・・。

            とにかくVRですごいグラフィックのゲームを試してみたい!という方にお勧めです。

             

             ・記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

            ・誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。